消化器外科の医師求人

消化器外科の医師求人

医局の崩壊を危惧されている医師・医療機関は、多い事でしょう。2004年(平成16年)の臨床医研修制度導入によって叫ばれる問題ですが、実際に地方大学などでは一部既に医局が崩壊といわれる状況になっています。

これまで医局の人事機能は、実質的に大学の教授が強い影響力を持っていました。しかし医局の影響力低下に伴い、従来のように大学側から敷かれたキャリアパスは崩壊し、キャリアアップを目指す医師にとって他人事ではない状況になっています。

また医療機関側も、優秀な医師を探すのにいつまでも医局の力に頼ることができなくなっています。そのため、人材紹介会社といった外部機関の力を活用して優秀な人材を確保しようという動きも見られます。高い質の医療サービスを患者に受けてもらうためには、相応の知識・スキルを持つ医師を採用する必要があるのです。患者が医療機関を「選ぶ」時代となった今となっては、どれだけ優秀な人材を揃えるかが1つのキーポイントとなっているのです。外科は特にその専門性を注目されており、募集そのものは内科系と比較して少ないものの、給与条件が良いといったメリットも見られます。まさに、専門性で勝負している診療科といえるのではないでしょうか。

その中でも消化器外科は一般外科、脳神経外科、整形外科などと並んで求人数が多い診療科目のひとつです。施設状況は、大学病院、公的病院、総合病院などが主体となっています。さらに、療養型病院からは病棟管理を求められることもあるようです。

規模の大きな病院ほど消化器外科として手術に専念できる環境は整っていますが、求人募集は横ばいです。しかし、人間ドックの内視鏡検査などで腫瘍が発見され、外科的治療が必要になる患者は増えており、消化器内科のニーズは全体的には高まっています。とくに地域の中小病院では、外科的な技術とともに内視鏡など消化器内科分野のスキルも求められる傾向があります。ただし、中小規模病院ですと、外来の診察単位も増え、手術以外の検査業務、健診業務等も増えてきます。

胃ろうや縫合処置のニーズがある療養型病院からの求人もあります。また、健診・人間ドック施設でも消化器外科医を求める声もあり、とくに下部内視鏡の対応可能な女性医師のニーズも出てきています。

厚生労働省の『必要医師数実態調査』によると、消化器外科の現員医師数3046.9人で、外科系では整形外科、脳神経外科に次いで医師数の多い診療科です。
その分、他の診療科と比較すれば求人も多く、選択肢も多いといえるでしょう。

外科医の転職のランキングをチェック!人気No.1はココ!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 外科転職ランキング【※外科医の求人探しサポート】 All Rights Reserved.