整形外科の医師求人

整形外科の医師求人

医師が転職を行う環境は、近年で大きく変化しています。従来の医局制度が崩壊したことにより、医師は自らのキャリアパスを自分で築いていく必要性が生まれました。これは、従来医局によって敷かれたレールが無くなり、医局に頼っていればなんとかなるという状況がありえなくなったためです。その影響元となったのが、2004年のいわゆるスーパーローテート導入です。これによって医局の崩壊が危惧されており、実際に地方大学では既に崩壊した状況に陥っている例も見られるほどなのです。

また医師を募集している医療機関側においても、診療報酬改定といった医療制度改革の影響は大きく、病院経営を苦しいものにしています。優秀な医師を探そうとした場合には、これまでのように医局が紹介する医師に無条件に頼ることが難しい状況となってきているのです。また患者の医療満足度を追求することで、医療サービス向上という観点からより質の良い、専門知識とスキルをもった医師を選びたい望む環境に変化してきています。

外科を標榜する医療機関は、内科系に比べると少なく、求人数は内科系よりも少ないようです。 外科系では、専門性を高く評価される傾向にあるようです。 整形外科は一般外科、脳神経外科、消化器外科などと並んで求人数が多い診療科目のひとつです。

厚生労働省『必要医師数実態調査』によると整形外科の現員医師数は1万2373.8人で、外科系医師で最も多い診療科になります。求人数も全国的に多く、医師人口の多い都市部においてでも、応募側である医師に有利な状況が続いています。求人の出る医療機関のほとんどが一般的な診療としての整形外科医を求める傾向にあり、診療内容は、脊椎脊髄や関節の外科手術、外傷・骨折の治療、運動器疾患の保存的治療など多岐に渡りますが、特に手術を行うスキルのある医師のニーズは全国的に高い傾向にあります。

一方、都市部の病院や診療所では、おもに高齢者の慢性疾患を対象とした求人が多くなります。指導医や脊椎脊髄専門医の求人もあり、その場合は年収面でも期待ができるでしょう。

前述のとおり、外科系の中で一般外科に次いで医師数が多いのが整形外科で、正規雇用、短時間正規雇用、アルバイト(非常勤)とさまざまな働き方が選べる診療科です。施設状況は、大学病院、公的病院、総合病院などが主体となっています。さらに、療養型病院からは病棟管理を求められることもあるようです。

外科医の転職のランキングをチェック!人気No.1はココ!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 外科転職ランキング【※外科医の求人探しサポート】 All Rights Reserved.