乳腺外科の医師求人

乳腺外科の医師求人

平成16年(2004年)に、スーパーローテートと呼ばれる臨床医研修制度が導入されました。それ以来、「医局の崩壊」が危惧されるようになっています。実際に地方大学などの一部においては、医局が崩壊といっても良い状態にすでに陥っているようです。

それまでは教授の意向によって、地方病院・診療所への医師派遣など人事にまつわる事柄がすべて仕切られており、巨大な影響力を持って今いました。しかしこの実質的な影響力は、確実に低下しています。

従来の医局制度では、以下のようなキャリアプランが一般的な医師に向けて医局から提供されているような状況でした。

・大学を卒業すると同時に、大学医局へ入局

・医局人事であちこちの関連病院へ派遣され、研鑽を積む

・必要な知識と技術を身に付け、しかるべき時期に転職開業する

しかし医局の影響力低下が叫ばれる現在において、医師の転職におけるこうした旧来システムは崩れつつあるようです。転職を目指す医師にとっては、無視できない状況といえるでしょう

また医師募集を行っている医療機関側も、診療報酬改定といった医療制度改革の影響を受けています。実際に、苦しい病院経営を強いられるところが急増しているのです。採用を行うのにも、これまでのように医局から紹介される医師に無条件に頼るれない状況になってきています。

外科を標榜する医療機関は、内科系に比べると少なく、求人数は内科系よりも少ないようです。外科系では、専門性を高く評価される傾向にあるようです。 また、求人数が多い診療科目は、一般外科、消化器外科、脳神経外科、整形外科などですが、最近は、乳腺外科の募集がじわじわと増えてきています。

近年、乳腺炎の診断、乳がんの予防から外科的手術まで一連の診療を行う専門的な診療科を確立する病院・医療機関が登場しています。それに伴い、首都圏や大都市では乳腺外科の求人ニーズが急速に高まっています。

乳腺外科では、マンモグラフィーの読影認定医の資格保持者のニーズが高く、とくに女性医師を求められる傾向が強いようです。また、健診や人間ドック施設などからの求人もあるため、第一線を離れたベテラン医師の活躍も期待できます。

厚生労働省『必要医師数実態調査』によると、乳腺外科の現員医師数は714.1人ですが、求人倍率は1.15倍と確実にニーズは増えているようです。そういうことを背景に、スキルのある医師を確保するために勤務条件も好条件のものが多く見られます。

外科医の転職のランキングをチェック!人気No.1はココ!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 外科転職ランキング【※外科医の求人探しサポート】 All Rights Reserved.