脳神経外科の医師求人

脳神経外科の医師求人

脳神経外科は、一般外科や消化器外科、整形外科などと並んで求人数が多い診療科目のひとつです。脳、脊髄、末梢神経の疾患に対する外科的治療だけではなく、内科的治療やリハビリテーションを含めた神経疾患の診療に、脳神経外科医のニーズは高まっています。その一方では若手医師の外科離れが進んでいるのも事実であり、これは脳神経外科についても例外ではありません。そのため、脳血管障害、頭部外傷、脊髄脊椎疾患の画像診断や手術などを行う専門病院や総合病院では後期研修医から専門医まで幅広い年齢層の求人募集があります。またリハビリテーション専門病院や人間ドック施設の脳ドック部門、さらには在宅医療の分野からも、多くの求人が出されています。

このように現在、脳神経外科はさまざまな医療施設からのニーズが発生するようになっています。そのため、外科系ではアルバイト(非常勤)の求人も比較的多い診療科です。脳神経外科医に求められる能力として評価が高いのはMRIなどを扱うことから、「的確な診断ができること」となっています。施設状況は、大学病院、公的病院、総合病院などが主体となっています。さらに、療養型病院からは病棟管理を求められることもあるようです。

医師が転職を行う場合には、その背景についても知っておく必要があります。特に昔からある医局によって主導権を持たれた人事状況を一般と考えている場合、その考えは危ういものとなります。なぜなら2004年に臨床医研修制度が導入されたことをきっかけとして、医局の崩壊が危惧されるようになっているからです。実際、既に一部の地方大学では医局崩壊の実情が見て取れます。地方病院や診療所への医師派遣など、人事に関する実質的な影響力は、すでに医局にはなくなりつつあるのです。

医局の影響力が強かったこれまでは、大学卒業から既にキャリアパスがある程度用意されていたといえます。卒業と同時に大学の医局へ入局し、医局人事から関連病院へいくつも派遣された上で、研鑽を積んで転職開業する。これが、従来の一般的な医師のキャリプランでした。しかし医局の影響力低下によって、こうした旧来システムは崩れつつあります。医師は、自ら自分のキャリアパスを築き上げていく必要があるのです。また募集する側の医療機関も、医局からの医師紹介に頼り切れる状況ではありません。例えば人材紹介会社などのサービスを利用するなど、医師採用を取り巻く状況は変化しています。

外科医の転職のランキングをチェック!人気No.1はココ!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 外科転職ランキング【※外科医の求人探しサポート】 All Rights Reserved.