形成外科の医師求人

形成外科の医師求人

形成外科の求人の傾向として、皮膚科との兼務や美容形成外科としての募集がほとんどです。褥そう管理など機能や欠損を補う求人に比べ、再生治療等の分野については大学病院など研究機関に集約される傾向にあります。

2004年(平成16年)に、いわゆるスーパーローテートと呼ばれる臨床医研修制度が導入されました。それ以来、医局の崩壊が危惧されるようになっています。実際、地方大学などの一部ではまさに崩壊状態といっても過言ではない状態になっているようです。

それまで、地方病院や診療所への医師派遣など、人事にまつわる実質的な影響力は教授の意向によってすべて仕切られていたといえます。しかしこの権限も、確実に低下しているのです。

こうした状況を背景に考えると、それまでは臨床医の転職(配置転換)にも嫌々ながら医局の方針に従っていた医師が、自分の意志で判断し、行動できる下地が整ってきているといって良いでしょう。結果的にも、医師が自分で自分の転職先を探すケースが増えているのです。医師も医局の差配による人事異動に依存せずに、他の職種と同じく将来進む道を自分で選択するという傾向が、強くなってきているといえるのです。

従来の医局制度では、大学卒業と同時に大学医局へ入局。医局人事であちこちの関連病院へ派遣され、そこで研鑽を積んだ後にしかるべき時期に転職開業するというのが、医師として一般的な開業までのキャリプランでした。しかし医局の影響力が低下している現在においては、医師の転職もこうした旧来システムは崩れつつあるようです。

また医師を採用する側である医療機関も、診療報酬改定などの医療制度改革の影響などにより苦しい病院経営を強いられるところが急増しています。そのため、医局から紹介される医師に無条件で頼るのが困難な状況になってきています。また患者への医療サービス向上という観点から、より質の高い、専門知識とスキルを兼ね備えた医師を選びたいと考える環境に変化してきています。

最近みられる医師を取り巻く環境の変化には、「福祉と医療の融合」も挙げられます。医師を必要とする施設は、まさに多様化しているのです。医師の世界においても、転職でのスキルアップや収入アップが自己実現到達へのステップになってきているのです。

外科を標榜する医療機関は、内科系に比べると少ないのが実情です。そのため、求人数は内科系よりも少ないでしょう。 外科系では、専門性を高く評価される傾向にあるようです。

外科医の転職のランキングをチェック!人気No.1はココ!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 外科転職ランキング【※外科医の求人探しサポート】 All Rights Reserved.