年収2000万円以上の外科医求人

年収2000万円以上の外科医求人

各種行われた調査によると、医師の平均年収は以下のような統計となっているようです。

平均年収:1141万円・平均月収:88万円・平均時間給:4972円・年間ボーナス等:91万円

<属性>

平均年齢:39.3歳・平均勤続年数:4.4年・推定労働者数:61,060人・総労働時間:176時間/月・男性平均年収:1211万円・女性平均年収:931万円・男性割合:74.8%・女性割合:25.2%

またいずれも推定数値になりますが、勤務医の場合、民間が約1300万円〜1500万円、公立が約1200万円〜1400万円、さらに国立が1200万円〜1300万円となっています。2000万円以上を望む医師にとっては、厳しい実情が分かるでしょう。

開業医の場合はまた異なり、約2500万円と推定されています。しかし開業時に必要な設備投資における借入金返済や、諸経費に関するデータがないので、実態とは異なる可能性があります。安易に開業を考えてしまうと、いざ開業してから「こんなハズではなかった」ということにもなりかねませんので、事前の調査と計画性が重要になるでしょう。

医師の平均年収は、研修制度改正が行われた2004年から、減少傾向にありました。しかし昨今では医師不足が深刻化していることもあり、上昇傾向が見られています。

これに伴い、医師の求人市場も転職を目指す人にとってはありがたい状況になっています。求人倍率は一般労働者と比べても医師のはるかに高く、売り手市場の状況となっているのです。特に臨床医研修制度必修化以降は医局崩壊も叫ばれ、地方の医師不足は深刻化。大都市を除く地方では、医師求人が引く手あまたの状態なのです。

高額年収条件の求人も増加傾向にあるといって良いでしょう。医師の転職業界では、美容外科などの自由診療領域なら「年収2000万円以上」や「年収2500万円以上」の高額条件が多いというのが定説ですが、交渉次第では他の診療科の医師でも勤務医として年収2000万円は可能です。

外科医(外科系全般)に寄せられる求人は内科系に比べ医療機関数が少ない分、比較すると件数自体は少なめになるようですが、その専門性への期待の表れか、募集要項の給与水準は全体的に高くなっています。医師側の年齢やキャリア、募集中の医療機関のある地域によってかなりの差は出ますが、中には1200万円〜2000万円というように非常に幅のある年収提示をしている募集も見られます。求められるキャリアや能力、募集地域によっては2000万円〜2500万円の条件もしばしば出てくるようです。

また若手〜中堅の医師でも、僻地など遠方の地域での勤務になることを前提に年収2500万円も不可能ではありません。都市圏とは異なる温かみのあるスタッフと患者に囲まれる勤務、生活も検討する価値ありです。医療機関や地域住民に歓迎、招聘されての「転職」を体験するチャンスという考え方ができれば高収入のチャンスでしょう。

外科医の転職のランキングをチェック!人気No.1はココ!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 外科転職ランキング【※外科医の求人探しサポート】 All Rights Reserved.