年収1800万円以上の外科医求人

年収1800万円以上の外科医求人

平均年収:1141万円・平均月収:88万円・平均時間給:4972円・年間ボーナス等:91万円・平均年齢:39.3歳・平均勤続年数:4.4年・推定労働者数:61,060人・総労働時間:176時間/月・男性平均年収:1211万円・女性平均年収:931万円・男性割合:74.8%・女性割合:25.2%

このデータは、各種調査によって出された「職種別年収調査・医師」の全体平均です。

さらに勤務医の場合、平均年収は所属先によって以下のように分かれています。

【民間】約1300万円〜1500万円

【公立】約1200万円〜1400万円

【国立】1200万円〜1300万円

いずれも推定数値ではありますが、転職を考える医師にとっては大きな参考材料になるのではないでしょうか。年収は、やはり仕事を行う上で欠かせない判断材料となります。尚、開業医の場合は約2500万円(推定)と言われていますが、開業時設備の借入金の返済や諸経費に関するデータがないので実態を反映していないという反論もあります。

研修制度の改正が行われた2004年(平成16年)以降、医師の平均年収は若干の減少傾向にありましたが、この数年は医師不足を背景にやや上昇する傾向を示しています。

求人状況も医師不足を反映する内容になっており、一般労働者の求人倍率と比べても医師の求人倍位率ははるかに高いことは一目瞭然です。つまり医師は、「売り手市場」と言って良い状況となっています。特に医局の崩壊が進んだと言われる臨床医研修制度導入以降、地方での医師不足は深刻化しており、大都市を除く地方での医師求人は引く手あまたの状態となっています。

外科医(外科系全般)に寄せられる求人は内科系に比べ医療機関数が少ない分、比較すると件数自体は少なめになるようですが、その専門性への期待の表れか、募集要項の給与水準は全体的に高くなっています。
外科系全体で見ると1800万円を超える条件の求人は全求人の5%〜7%程度、施設規模の大小にかかわらず常時出されているようです。ケース別に見ると病床数の少ない病院でもオペ実施件数が月間25件〜40件、病床数が200を超える病院ではオペ実績が月間100件超という医療機関で高額年収の募集が出される傾向があります。医師側の年齢やキャリア、募集中の医療機関のある地域によってかなりの差は出ますが、常時募集をチェックするか紹介サービスに希望登録していれば年収1800万円以上の求人は見つかるでしょう。

また高額年収求人は地方中堅都市の医療機関で見られることが多く、都市部を離れることを検討すれば選択肢はさらに拡がります。

外科医の転職のランキングをチェック!人気No.1はココ!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 外科転職ランキング【※外科医の求人探しサポート】 All Rights Reserved.