年収1400万円以上の外科医求人

年収1400万円以上の外科医求人

各種実施されている調査によると、「職種別年収調査・医師」の平均は全体で以下のようになっています。

平均年収:1141万円、平均月収:88万円、平均時間給:4972円、年間ボーナス等:91万円、平均年齢:39.3歳、平均勤続年数:4.4年、推定労働者数:61,060人、総労働時間:176時間/月、男性平均年収:1211万円、女性平均年収:931万円、男性割合:74.8%・女性割合:25.2%

勤務医の場合には、推定となりますが民間で約1300万円〜1500万円、公立で約1200万円〜1400万円、さらに国立では1200万円〜1300万円というデータが出ています。

医師の平均年収は、研修制度が改正された2004年(平成16年)を境にして、以降若干の減少傾向にありました。しかしここ数年は医師不足などを背景として、その平均が上昇傾向に向かっているようです。

人材を募集する求人市場の状況も、医師不足を大きく反映しています。その倍率は一般労働者の求人倍率と比べてもはるかに高くなっており、医師はまさに「売り手市場」と言って良い状況となっているのです。特に医局崩壊が進んだと言われる臨床医研修制度導入以降では、地方で医師不足がどんどん深刻化しています。そのため、大都市を除く地方での医師求人は、引く手あまたの状態となっているのが実際なのです。

その中でも外科医(外科系全般)に寄せられている求人は、内科系に比べると医療機関数そのものが少ない分だけ、比較すると求人件数自体が少なめになるようです。求人情報を見ていても、その傾向は見て取れるでしょう。しかし外科医の持つその高い専門性への期待の表れもあり、募集要項に記載されている外科医の給与水準は、全体的に高くなっているのです。実際に常勤医師全体で見ると、全求人に占める年収1400万円以上の求人が25%なのに対して、外科医に限って見たときには求人に占める年収1400万円以上の割合が35%となっており、実に10ポイントも高い数値になります。この収入レンジに多く見られる募集診療科は、一般外科や消化器外科、脳神経外科、形成外科などがあります。また年収1400万円程度の求人は、国内地域の中でも都市部に多く見られるようです。地方では、もう少し高めになっているのです。地域的には北関東地域(茨城、栃木、群馬)の給与水準が高めです。

年収1400万円以上で医師を募集している施設は病院を始め、福祉施設、リハビリテーション施設、医薬品の製造販売会社、医療コンサルティング会社など多岐にわたっています。

外科医の転職のランキングをチェック!人気No.1はココ!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 外科転職ランキング【※外科医の求人探しサポート】 All Rights Reserved.