年収1200万円以上の外科医求人

年収1200万円以上の外科医求人

各種調査によると、「職種別年収調査・医師」の平均は全体では、

・平均年収:1141万円

・平均月収:88万円

・平均時間給:4972円

・年間ボーナス等:91万円

・平均年齢:39.3歳

・平均勤続年数:4.4年

・推定労働者数:61,060人

・総労働時間:176時間/月

・男性平均年収:1211万円

・女性平均年収:931万円

・男性割合:74.8%

・女性割合:25.2%

というデータが出ています。

勤務医の場合は
【民間】約1300万円〜1500万円

【公立】約1200万円〜1400万円

【国立】1200万円〜1300万円

といずれも推定ながらデータが挙っています。ただし時間外労働に関する信頼できるデータがないため、バラつきがあります。給与は大病院になるほど低くなる傾向で、大規模病院と比較すると中規模病院は1.7倍、小規模病院は1.5倍にも水準が上がると言われています。また開業医の場合は約2500万円と推定されていますが、開業時資金や諸経費などが発生し、それらのデータがないので本当の実態は見えないという声もあります。

研修制度が2004年(平成16年)に改正されてからは、医師の平均年収が若干減少する傾向にありました。しかしこの数年は医師不足などの社会的問題を背景に、再び上昇傾向を見せています。求人も医師不足を反映する形で、一般労働者と比較しても医師の求人倍位率は非常に高く、まさに「売り手市場」といえるでしょう。特に臨床医研修制度導入以降は医局崩壊も叫ばれ、地方の医師不足は深刻化しています。大都市を除く地方で、医師はまさに引く手あまたの状態といえるでしょう。求人募集の数を何より第一に考えるのであれば、大都市圏よりむしろ地方転職も視野にいれていくことも、1つの方法といえるかもしれません

外科医(外科系全般)を募集する求人は、件数自体は医師募集全体から見て少ないでしょう。これは、内科系に比べて医療機関数そのものが少ないという理由があります。ただし専門性への期待も大きく、募集の給与水準は全体的に高いという特徴があります。実際に年収1200万円前後のものは、あまり見られません。むしろ「1200万円〜」というように、募集案件の最低ラインとして見る機会が多いかもしれません。医師側の年齢やキャリア、募集中の医療機関のある地域によってかなり給与の差は出てきますが、常勤の募集案件で平均年収は概ね1500万円前後のケースが多くなるでしょう。地域的には、北関東地域(茨城、栃木、群馬)の給与水準が高めです。

外科医の転職のランキングをチェック!人気No.1はココ!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 外科転職ランキング【※外科医の求人探しサポート】 All Rights Reserved.