年収1000万円以上の外科医求人

年収1000万円以上の外科医求人

各種調査によると、「職種別年収調査・医師」の平均は全体で以下のようになっています。

平均年収:1141万円・平均月収:88万円・平均時間給:4972円・年間ボーナス等:91万円・平均年齢:39.3歳・平均勤続年数:4.4年・推定労働者数:61,060人・総労働時間:176時間/月・男性平均年収:1211万円・女性平均年収:931万円・男性割合:74.8%・女性割合:25.2%

勤務医の場合、【民間】約1300万円〜1500万円、【公立】約1200万円〜1400万円、【国立】1200万円〜1300万円(いずれも推定)となっており、時間外労働に関する信頼できるデータがないためバラつきがあります。また大病院ほどに低くなるという傾向があり、中規模病院は大病院の1.7倍、小規模病院で1.5倍とも言われている状況です。

開業医の場合は約2500万円(推定)と言われていますが、開業時設備の借入金の返済や諸経費に関するデータがないので、実態を反映していないという反論もあります。

医師の平均年収は研修制度の改正が行われた2004年(平成16年)以降、若干の減少傾向にありました。しかしこの数年は医師不足を背景として、やや上昇する傾向を示しています。 人材の求人市場における募集件数から見える状況も医師不足を反映する内容になっており、一般労働者の求人倍率と比べても医師の求人倍位率ははるかに高く、「売り手市場」と言って良い状況となっています。特に医局の崩壊が進んだと言われる臨床医研修制度導入以降、地方での医師不足は深刻化しており、大都市を除く地方での医師求人は引く手あまたの状態となっています。

また、メンタルヘルスに対する対応を迫られている企業が産業医を積極的に求めたり、製薬会社が新薬開発に医師を投入する傾向が強まるなど、医療機関以外の組織・団体での医師ニーズも高まっています。さらには介護と医療の融合が進み、福祉施設での医師ニーズも急激に増加しています。

外科医(外科系全般)に寄せられる求人は内科系に比べ医療機関数が少ない分、比較すると件数自体は少なめになるようですが、その専門性への期待の表れか、募集要項の給与水準は全体的に高くなっています。実際に年収1000万円前後のものはあまり見られません。医師側の年齢やキャリア、募集中の医療機関のある地域によってかなりの差は出ますが、常勤募集案件の平均年収は概ね1500万円前後のケースが多いようです。

地域的には北関東地域(茨城、栃木、群馬)の給与水準が高めです。

外科医の転職のランキングをチェック!人気No.1はココ!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 外科転職ランキング【※外科医の求人探しサポート】 All Rights Reserved.